親知らずの痛みを緩和する【歯科治療でスマイリー】

メディカル

虫歯の際の治療法

医者

歯がきれいになる治療

セラミッククラウンは、近年、大阪にある審美歯科医院で人気の施術です。これは、虫歯治療でセラミック製の冠を歯に被せる治療のことです。虫歯が大きかったり、歯が大きくかけたり、歯の変色を治したい場合などに適用されます。もともと虫歯治療で使われる冠は、金・銀などの金属製の冠が一般的でした。しかし、金属製のものだと、明らかに虫歯の治療をしたと周りにばれてしまいます。見た目の印象が悪く、気にされる方が多くいました。しかし、大阪の審美歯科のセラミッククラウンでは、見た目が他の歯と全く変わらないです。そのため、治療が周りに悟られることもなく、綺麗な歯に仕上がります。また、耐用年数も長く、色素沈着も見られないので、一度施術すれば長く使うことが可能です。

施術後に気をつけること

大阪の審美歯科医院では、セラミッククラウンという歯をきれいにする治療が好評です。虫歯治療に有効ですが、審美歯科施術後に患部の健康のために注意点が有ります。まず、クラウンをつけた周囲は、歯垢等の汚れが溜まり易くなります。汚れが蓄積すると、患部が腫れて痛みを生じるようになります。最悪の場合、再び治療をやり直すことになります。したがって、食後のブラッシングは丁寧に行うことが大事です。その他にも、治療後も大阪の歯科医院に定期的に通って検診を受ける必要が有ります。検診では、患部に異常がないか、クラウンと歯茎の間の汚れを専用機器できれいにしてくれます。クラウンを長く保つ上で専門医によるケアは欠かせないです。