親知らずの痛みを緩和する【歯科治療でスマイリー】

医者

智歯を抜く技術の向上

医者

厄介な水平智歯

親知らずは、別名智歯、又は第六臼歯とも言います。この第六臼歯の生え始めは、早い人でも15、6歳ほどです。遅い人では、成人した後に生えてくる例もあります。親知らずという名称は、既に親がいなくなっている時に生えてくることを意味しています。多くの人は、親知らずが生えても気が付かないことがあります。しかし、最近では、親知らずの生え初めに痛みが伴って気づく人が多いと言います。これは、第六臼歯が生えるためのスペースが狭く、隣の歯に重なるようにして生えてくるためです。真っ直ぐに生えることのできない歯は、横向きに生えることがあります。これが所謂水平智歯という状態で、隣の歯を圧迫するため抜歯しなければなりません。

抜歯技術の進歩

水平智歯と聞いて、嫌な思い出のある人もいることでしょう。一昔前の人は、水平智歯を抜くために、結構大変な思いをしていました。そのままでは抜けない親知らずをハンマーで叩いて砕いていたのですから。しかし、今は、歯茎の切開をする方法であるため、それほどの圧力をかける必要はなくなりました。麻酔をかけて抜歯を行うので、痛みはありません。麻酔が覚めてからも、痛むことは少ないといいます。歯茎の切開があるので、縫い合わせる必要もありますが、ベテラン医師は、自然に解ける手術糸を使ってくれます。従って、糸を抜く痛みもありません。親知らずの抜歯方法も、ずいぶんと進化したものです。一頃より痛みが少ない治療方法が開発されたのは、何とも有難いことです。

口元も第一印象が大切に

白い歯

真っ白い歯にきれいに並んで見える歯は大変美しいものです。実現するには市川の歯科で歯列矯正してもらうことです。しかし、歯列矯正をするときは医師の指示をよく聞く必要があります。また、歯列矯正は今後とも欧米のように日本でも一般化していく可能性が高い分野です。

虫歯の際の治療法

医者

セラミッククラウンは、大阪の審美歯科医院で人気の施術です。主に虫歯や歯の着色が気になる際に適用される治療です。自分の歯と変わらない見た目なので、治療が周りにばれることがないです。耐用年数も長く、多くの方が希望する治療です。

確実な治療を受けるには

白い歯

様々な大阪や東京など様々な都市で行われているのにはインプラント治療があります。この治療では歯がない箇所に歯を取り付けられるのです。そのため永久歯などが抜けても、また、人工の歯が取り付けられます。